白衣を脱いで外に出たら

福岡市早良区藤崎の早良口交差点でクリニックを開設しています院長のブログです。診療とは関係のない日々の身近での出来事や考えたことを綴っています。何気に周囲や自身の近況報告になってるのがいいようです。

昔からある博多駅ホームの立ち食いうどん店。予備校生の時、長崎に帰るときはJR、当時は国鉄でLトレインかもめに乗るときによく食べてました。鳥栖で乗り換えの時にもホームの立ち食いうどん。大学で久留米に行ったら久留米駅のホームうどん。駅に行ったときはできるだけ食べるようにしています。博多のが一番おいしいと思っていました。昔の味は覚えてないけど、たぶん変わらず同じ味なんだと思います。
DSC_2909
今までで一番おいしかったのは大学の部活で北アルプスに登った時に行った信濃大町駅の蕎麦です。出汁があまくて本当に美味しかった。もう食べる機会はないだろうな...

さわらぐち胃腸肛門クリニック

ぬか床をリニューアルしました。一掴み残して、あとは新しいぬかに入れ換えました。というのは、ぬか床の色が変わらなくなったので。普通は混ぜないと表層が黒ずみます。ぬかが酸化するからです。もしくは白っぽくなることがあります。これは酸膜酵母菌が繁殖するからです。ところが今のぬか床は全然色が変わらん。数日放たっとっても同じ色で、なんか自然なぬかではないと。考えられるのは一時評判になった無印のぬか床を入れてからです。無印のはあんまり混ぜんでいいのがうたい文句で、それだからこそヒットしたのでしょうが、なんか薬的なものが入っているような気がして、あやしい??なので、古風なぬかに戻すことに。それでも冷蔵庫に入れとけば3,4日は大丈夫ですよ。
DSC_2972

さわらぐち胃腸肛門クリニック

7年乗った愛車。ずっとリースで乗ってきましたが、そろそろ別のにしようかと。かっこよくて、運転が楽しいほんとにいい車でした。荷物は乗らんし、バイザー裏のミラーもないし、サイドミラーたたむのも手動だし、二人乗りなので娘二人は乗せれんしで不便なとこが一杯でしたが、もともと普段使い用にデザインされた車ではありません。自分的にはオーディオすら要らんけどくらいに思ってました。けど一生で乗れる車の数とかそんなに多くないし。本当は2台目で持っときたかったけど、そうなるとますます乗らんやろうし。バイクも複数台持ってた時がそうやったので。で、手放すことにしました。
DSC_2976
こうかいするやろうな

さわらぐち胃腸肛門クリニック

やっぱり美味しい赤のれん。最近はまた観光客が戻って来たので、いつも行列でなかなか入れません。たまには定食を食べたいけど、せっかく来たらラーメンってなっちゃいます。
DSC_2884

さわらぐち胃腸肛門クリニック

よく利用する地下鉄空港線が連絡しているJR筑肥線の終着駅、西唐津。娘が一回行ってみたいというのでちょっとした日帰り旅行です。そのままとんぼ返りするつもりでしたが、行く途中で娘が小学校の同級生が通ってる佐賀早稲田を見てみたいと。歩ける距離だったので行くことに。途中唐津神社を見かけたので、お参りして御朱印をいただいて。早稲田に着いたら、今度は娘がお城に一回も行ったことがないというので唐津城見学。自分自身も最後にお城に行ったのは、あ、学会で大阪城に行ったっけ。それでも十年以上前です。シーズンでないのか、商店街は閑散としてたのでそのほかは寄らずに、また筑肥線で帰ってきました。
DSC_2962
実際には唐津には天守はなかったそうで、これは模擬天守だそう。ちょっとがっかり。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

今年もよろしくお願いいたします。
DSC_2921
近くの神社では0時から初詣の人が並んでました。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

今年も最後の日になりました。総括すると、コロナが5類になって普通の生活に戻ったのが一番良かったことかな。うちとしては特に大きな出来事もなく。上の娘が大学卒業して、帰福したことくらいか。あと猫が来てモルモットが去った。スタッフも変わりなく、ギリ賞与も払えた。
DSC_2951
餅も注連縄も例年通りで。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

近すぎてあんまり行くことのないももち屋。昼はこの辺のサラリーマンが多いので入りにくいのもあります。ランチ時に混むのは定食やセットが安めなのもあるでしょう。細麺にあっさりしたチャーシュー、きくらげと典型的な博多ラーメンって感じです。唐辛子の効いた高菜漬を入れるとスープがしっかりしてさらに好みになります。
DSC_2908
今年はこれが最後のラーメン。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

イナチカのうどん居酒屋。博多や役員にもあるようです。本来は居酒屋で〆にうどんというのがお勧めのスタイルのようです。今日はランチなのでうどん。糸島産の小麦で作られてるそうですが、ややコシが強くてやわやわではありません。
DSC_2794
スープも美味しい。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

姪浜側のホームです。6号車に乗るとこで奥が天神側。端のほう、行き止まり側に並ぶ人はまあいないでしょうね。
DSC_2885

超芸術トマソンを思い出しました。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

休みの日にどうしてもラーメンが食べたくなって、それも一蘭が食べたくなって。天神のいなちか店に行ったんですが、案の定大行列で。駄目だろうとは思いながら西通り店に。やっぱり行列。当然近くの赤のれんも駄目で。南に下って大砲、もダメ。ちょっと先の元長。やっと並ばずに入れました。元長には悪いけど、福岡のラーメンはやっぱりこうでないと。ラーメンとか並んで食べるとか、異常。
DSC_2795
でもこの日の元長はハズレだった....味薄....

レガネットで見つけたお菓子、おつまみ。ゴマを味付けのりではさんで焼いたような感じです。HPではカンロ(株)・(株)にんべん・(株)山本海苔店の3社コラボレーションによる、厳選素材を使ったプレミアムな逸品と紹介されてました。まあどれもよく聞く有名な会社ですね。でこれが900円くらいするんですが、内容量はたったの11gです。お肉風にグラム幾らとかで計算するとなんと8180円!。A5級のシャトーブリアンより高級なお菓子です。
DSC_2862
思い切って、娘と食べてみましたが味のすごさは分かりませんでした。伊万里牛のほうがいいや…

追記 年末に行ったら299円に値下がりしてました ヽ(`Д´)ノ

しらんかったけど、市役所と博多以外にもいろんなとこであってるんですね。天神中央公園とか大名ガーデンシティとか。コロナ後久しぶりに開催されたせいか、去年は人が多くてギュウギュウでしたが、今年は普通に席を取るのも簡単にでした。ソーセージとパスタとホットワイン。今年は娘が食べたことがないというので七面鳥のローストも試してみましたが、やっぱり口に合わないようでした。まあパサパサしているしね。自分もアメリカのSubwayはほとんどターキーな印象があって嫌いでした。ので、日本に帰って来てからも暫く食べなかったです。
DSC_2873
賑やかでいいですね。

上の娘が住んでる近くのイタリアンレストラン。家族で行こうというので行ってみました。カジュアルな感じの気軽に入れそうな雰囲気の店でした。ピザとパエリア、パスタ。どれもそつがなく美味しい。ネットでも評判のいいお店です。
DSC_2838
イタリアンってあんまり不味いとかないので、食リポになりにくいですね。

ウエストコート内のサニー姪浜店。うちの近くの高取店より広いので品数も豊富だし、鮮魚コーナーには獲れたての姪浜漁港からの魚が売られていて、けっこう利用するスーパーの一つです。ここの売り場の飾りつけがシュールなのもいい。
DSC_2808
DSC_2807
DSC_2806
かなりがんばってます。これは一部です。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

娘の弁当も毎日作っていると単調になってくるので、たまに遊び心で。今日はかしわめし風にしてみました。築陽軒のロゴも貼ったりして。乗っける具材は前日に作っといて、朝はお米を敷き詰めて上に載せるだけですぐに完成するので楽です。またやろう。
DSC_22
ちょっと、お米が少なかったか。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

ツガニが生きてたので風呂に放したら、にゃんずが興味津々。でも怖いので遠巻きで。
DSC_2859
そのうち飽きてどっか行っちゃいました。

さわらぐち胃腸肛門クリニック

このページのトップヘ